不眠症と睡眠薬使用率の年代・男女比

不眠症と睡眠薬使用率の年代・男女比を見てみると・・

睡眠薬の使用と不眠症になっている方の
性別と年代を比較してみました。

 

下の図は性別と年代に分けた不眠症発症率です。

 

 

不眠症になってしまう割合は
全体的に女性が多いようです。

 

また男女ともに70代以降の不眠症になる割合が
急に上昇していることが分かります。

 

では睡眠薬を使用している割合を
性別と年代で比較してみるとどうでしょうか?

 

 

不眠症になる割合が男性よりも多い女性が
睡眠薬を使用している確率が高いです。

 

1つの特徴として50代では男性よりも
女性がはるかに高く睡眠薬を使用していることが分かります。

 

また80代の比較でも男性よりも女性が
2倍以上高いことが分かります。

 

総合して比較してみると男女ともに年齢が高くなるにつれて
不眠症になる確率が高くなるようです。

関連ページ

睡眠薬にはどんな種類がある?
睡眠薬の中にも色々な種類のものがあります。中には依存性の強いものもあります。
睡眠薬についての疑問点とは?
睡眠薬についての疑問点などをまとめてみました。
睡眠薬の1か月の費用はいくらかかる?
睡眠薬の1か月の費用は一体いくらぐらいかかるのでしょうか?
睡眠薬を服用するとボケたり認知症になりやすいのか?
睡眠薬を服用するとボケたり認知症になりやすいのでしょうか?
睡眠薬と便秘の関係とは?
睡眠薬を服用していると副作用として便秘になりやすいと言われていますが・・・
睡眠薬を飲むと太るのか?
睡眠薬を飲むと副作用として太ってしまうといった報告がありますが・・・