人間はなぜ眠る?眠らないとどうなるのか?

人間はなぜ眠る?眠らないとどうなるのか?

人間をはじめとする動物は睡眠をとります。

 

なぜ睡眠をとらないといけないのでしょうか?

 

人間が睡眠をとらなければいけない理由と睡眠不足による体への影響とは一体?

 

■人間が睡眠を取る理由

 

人間が睡眠をとる理由は
やはり脳を休息させるためです。

 

日中人間は活動するため
脳を使っています。

 

一日中脳を働かせるとやはり脳も疲れてきます。

 

その酷使した脳を回復させる方法が
睡眠ということになります。

 

人間は寝ている(熟睡している)時に
脳の温度を下げて疲れをとる働きがあります。

 

もし睡眠をとらないでいたら脳が疲れて
回復していないので
頭がぼーっとしている状態になります。

 

そのため集中力の低下、イライラ
判断力の低下などの状態になります。

 

そうです、徹夜をした日は
頭がぼんやりとしてしまい
何をしても集中することができません。

 

また睡眠は脳だけではなく肉体的にも
回復させる働きがあります。

 

例えば睡眠中には成長ホルモンが
盛んに分泌されて子供は骨が成長して
身長が伸びる働きがあります。

 

これは大人にとっても重要で
日中疲れてしまった
お肌の回復をしてくれる働きもあります。

 

なので睡眠不足になるとお肌にもよくありません。

 

また、細菌やウイルスの侵入を防いだり
免疫力を作る働きが睡眠にはあります。

 

睡眠は脳の働きと身体的な働きを
回復させる重要な役割をしているので
適度な睡眠時間をとることが最も大切になります。

 

睡眠不足には十分に注意しましょう!


関連ページ

睡眠の最適時間とは?
睡眠時間には最適な時間というものがあります。その時間は一体何時間なのでしょうか?
寝だめは効果があるのか?
明日徹夜になるかもしれないから寝だめをするかたは多いかと思いますが果たして効果はあるのでしょうか?
不眠対策で早く寝ようとすると逆効果?
不眠対策としていつもより早く寝ようと床に就くのはかえって逆効果の場合があります。
睡眠と体内時計の関係とは?
睡眠と体内時計は深い関係にあると言われています。その理由とはいったい何でしょうか?
不眠症は遺伝する?
不眠症は遺伝するのでしょうか?
不眠症の治療期間はだいたいどれぐらい時間がかかるのか?
不眠症を根本的に治すには治療期間は大体どれぐらいの時間がかかるのでしょうか?