女性が月経前、妊娠、更年期などで眠れない原因

女性が月経前、妊娠、更年期などで眠れない原因とは?

 

不眠でお悩みの方でも、特に女性は
女性特有の不眠で悩んでいる人も少なくありません。

 

女性は女性ホルモンの変調によって
眠れなくなる場合があるという事です。

 

では、どういった時に女性が眠れなくなる(不眠)になるのか
調べてみると、

 

@月経前

A妊娠
B更年期

 

 

 

月経前、妊娠、更年期は女性ホルモンに大きな変化があります。

 

そのため、不眠になってしまうようです。

 

@月経前

 

月経前になるとイライラしやすくなる事もありますし、
眠くなるケースがあるようですが、逆に月経前に
不眠になるケースも見受けられます。

 

月経前に眠くなる症状を「月経前過眠症」、
逆に月経前に眠れなくなる場合は「月経前不眠症」と呼ばれています。

 

月経前過眠症は、月経の数日前から昼間
ひどい眠気に襲われますが、夜は通常の睡眠と同じ状態です。

 

月経前不眠症は、月経の数日前から夜寝つきが悪くなり、
途中で目が覚める事が多くなります。

 

しかし月経前不眠症は、月経がはじまると
問題なく眠れるようになる場合も多いようです。

 

A妊娠中

 

また妊娠中は黄体ホルモンと呼ばれるホルモンの分泌が多くなります。

 

黄体ホルモンは、体内時計を遅らせる働きがあるため、
夜眠くなりにくくなります。

 

また、通常寝ている間は体温が下がるのですが、
黄体ホルモンの分泌が多くなると、体温を上げる働きがあります。

 

そのため眠りが浅いと感じたり、寝つきが悪くなります。

 

これはお腹の中にいる赤ちゃんを守るため、
代謝を下げないようになっている事が原因です。

 

B更年期

 

更年期になると、ホルモンのバランスが乱れるため、
同じく自律神経に乱れが生じます。

 

そのため、寝つきも悪くなり、途中で目が覚める事が多くなります。

 

更年期は主に40代の後半から50代の後半に多く見られます。

 

更年期になると、卵胞ホルモンや黄体ホルモンの分泌が減ります。

 

そうなるとこれらのホルモンの分泌を促進させるために、
卵胞刺激ホルモンや黄体刺激ホルモンの分泌が増えます。

 

このようにホルモンの分泌に大きな変化ができるため、
自律神経が乱れやすくなります。

 

そのため更年期にも不眠になる女性が増えるという事です。

 

■まとめ

 

このように、月経前、妊娠中、更年期には
女性特有の不眠で悩む人が増えます。

 

女性特有の不眠はかなり辛いものがあります。

 

しかし、不眠を改善するために睡眠薬などを服用するのは
特に妊娠中の場合、使用したくない人が多いです。

 

不眠の症状がひどい場合は、産婦人科の先生に相談して、
場合によっては睡眠薬などを服用する事があります。

 

また、睡眠薬を服用するのがどうしても不安な方は、
安眠サプリメントを使用してみるのも1つの手です。

 

安眠サプリメントの中には、
天然由来成分だけを使用しているものがあります。

 

また、効果も非常に優れているものがあるため、
一度検討してみてもよいかもしれません。

 

ちなみに妊娠中に飲んでも大丈夫な安眠サプリに
北の大地の夢しずくというサプリメントがあります。

 

ここの公式サイトでの質問にも「妊娠中に飲んでも問題ないのか?」
という質問が載っていますが、問題ないという回答が出ています。

 

 

妊娠中の不眠でお悩みの女性の方は、
気になりましたら公式サイトで詳しい情報をチェックしてみて下さい。

 

↓↓公式サイトはこちら!↓↓
 


関連ページ

女性の不眠症と女性ホルモンとの関係は?
女性が不眠症になる原因として女性ホルモンが深く関係していると言われています。
不眠症の女性・・月経前不眠症とは?
女性が不眠になる原因には月経前不眠症の疑いがあると言われています。