妊娠中の女性が不眠症になりやすい理由

妊娠中の女性が不眠症になりやすい理由とは?

妊娠中,女性,不眠症,原因,理由

一般的に、妊娠中の女性は不眠症になりやすくなると言われています。

 

昼間には体がだるく重く、妊婦さんで働いている女性は仕事中に眠くなるケースが多いようです。

 

妊娠している女性の多くが、「身体は疲れているのに夜なかなか眠れない」といったケースが多いようです。

 

その理由とは一体何でしょうか?

 

理由を調べてみると、女性は妊娠する事で、ホルモンバランスに変化が見られるようになります。

 

女性ホルモンの1つであるエストロゲンと呼ばれているホルモンの分泌量が増える事で、深い眠りが減少し、代わりに浅い眠りが多くなる傾向にあるようです。

 

特に妊娠中期にエストロゲンの分泌が多くなるため、妊娠中期に不眠を訴える女性が多くなる傾向にあります。

 

また、妊娠する事によって、運動不足や、頻尿になりやすくなるのも不眠になる原因に挙げられます。

 

妊娠中の女性はホルモンバランスの変化、運動不足、頻尿など、様々な要因が重なる事で不眠につながりやすいと言えます。

 

■妊娠中の不眠対策はどうすればいい?

妊娠中,女性,不眠症,原因,理由

妊娠中には様々な体への負担が生じるため、そういった肉体的なストレスと精神的なストレスでも不眠につながりやすいと言えます。

 

妊娠中の不眠対策はどうすればいいのか、いくつか考えられる対策があります。

 

@寝る前のパソコンやスマホを控える

A足をマッサージする
B眠くない時は無理に眠らない
C妊娠中でも飲める安眠サプリや飲み物を飲む

 

妊娠中にできる不眠対策はいくつか考えられますが、寝る前の長時間のスマホやパソコンの閲覧はスマホやパソコンから発せられるブルーライトの影響で脳が興奮してしまうため控えたほうがよさそうです。

 

また、不眠対策として足(ふくらはぎなど)のマッサージを行うと効果が期待できると言われています。

 

妊娠中,女性,不眠症,原因,理由

 

特に妊娠中は、足への血流が悪くなるので、足先や手先など、末端の冷えなどの悪い影響も見受けられます。

 

足先などが冷える事でも不眠につながりますので、ふくらはぎなどをマッサージし、血流を良くすることで足が温まり、不眠改善に導く効果が期待できます。

 

また、眠くないのに無理に寝ようとすると、「早く寝ないといけない」と焦りが生じるため、余計に眠れなくなったりストレスが溜まってしまいます。

 

そのため、「その内眠くなるだろう」と、深く考えすぎない方がリラックスでき、自然に眠りにつく事ができ易くなります。

 

なので、布団に入って眠くない場合は、本を読んだり好きな音楽を流してリラックス状態を保っておけばいつも間にか寝ている場合が多いです。

 

また、対策の1つとして「妊婦さんでも利用できる安眠サプリ」を使用するのも1つの手です。

 

今多くの安眠サプリメントが販売されていますが、効果に優れているものが非常に多いです。

 

なかでも妊娠中でも安心して利用できる、天然由来成分のみで作られている安眠サプリが少なくありません。

 

そういった安眠サプリを利用するのも不眠対策の1つであると言えます。

 

関連記事

 

口コミ評価の高い睡眠サプリメントとは?


関連ページ

女性の不眠症と女性ホルモンとの関係は?
女性が不眠症になる原因として女性ホルモンが深く関係していると言われています。
不眠症の女性・・月経前不眠症とは?
女性が不眠になる原因には月経前不眠症の疑いがあると言われています。
女性が月経前、妊娠、更年期などで眠れない原因とは?
女性の不眠の原因は月経前、妊娠、更年期などで眠れない(不眠)場合があります。